フケ予防におすすめの特徴

フケ対策を行うためには、まずフケの種類を把握することが大切です。フケには「乾性フケ」と「脂性フケ」の2種類に分かれますが、種類が違えば原因も異なり、アプローチ方法を当然異なってきます。「乾性フケ」はその名の通り、乾いたフケで頭皮の水分量・皮脂量が少なくサラサラとした粉状になっているのが特徴です。主に空気の乾燥や洗浄力が強すぎるシャンプーによっても頭皮の乾燥は引き起こされます。
逆に「脂性フケ」は脂を含んで湿っているフケで、頭皮の皮脂量が多いだけでなく、皮脂の分泌異常によっても起こります。皮脂の分泌が多すぎると皮脂に細菌が繁殖し、それが原因で炎症が引き起こされます。そしてその炎症を治そうとして体内の代謝が高まると皮脂が剥がれ落ち、フケになるという流れです。
どちらも正常な状態ではありませんが、大切なのはフケの発生が頭皮に起きている問題を知らせる警告だと認識することです。

そのためフケが出ている状態のまま放置していれば、頭皮の状態は悪化し、抜け毛や薄毛の症状が出るようになります。フケの原因にはホルモンバランスの崩れや栄養バランスの偏り、頭皮環境の悪化などありますが、こうした状態では薄毛も生じやすいものです。フケの発生が薄毛に直結するワケではありませんが、フケが出やすい状態=頭皮が異常な状態。そのため薄毛が進行しやすい状態ということは事実と言えます。

そこで、フケの予防・対策でおすすめの女性用シャンプーは、公式通販でもご好評いただいている「BIMAGEシャンプー」になります。健やかな髪のためには、土台となる頭皮を最適な状態に整えてあげることが大切。汚れや老廃物などが毛穴を塞いでしまうと、抜け毛や様々な頭皮トラブルを招くことになります。ただ、洗いすぎてしまっては、必要な脂分まで奪ってしまい乾燥につながってしまいます。
この「BIMAGEシャンプー」は、創業30年にわたり培ってきたノウハウと育毛の最先端理論を配合。10万人以上の髪・頭皮のお悩みにお答えしてきた経験と実績をもとに、髪・頭皮トラブルに悩むすべての女性のために研究を重ねて開発してきた商品です。
メインの成分である界面活性剤は、高級アルコール系を避け、何十種類もの候補のなかからやさしい成分を選択。選りすぐりの厳選した4種類の成分を最適なバランスで配合しており、シリコン系で低刺激のノンシリコンシャンプーとなっています。

そしてもう1つおすすめしたいシャンプーが、界面活性剤の配合量を極限まで抑え、効果を最優先に考えた「AGAIAシャンプー」です。こちらは、効果にとことんこだわったメリットがあるいっぽう、使用感は劣ってしまうため、使用感が気になる方はトリートメントやリンスとの併用をおすすめしています。

もちろんフケを防ぐためにシャンプー選びは大切ですが、使用方法を間違えてしまっては本末転倒です。
手順としては、シャンプーをつける前にお湯でよくすすいで汚れをとってから、液剤を髪と頭皮になじませ、よく洗い流すことがポイント。汚れがひどい時は、シャンプー前の予洗い時、お湯の温度を高めに。ただし、すすぎ時には温度を下げるようにしましょう。
注意点としては、ツメを立てたり強く洗いすぎたりすると、頭皮に傷がつきフケやかゆみの原因になります。また、すすぎが不十分な場合もフケやかゆみ、臭いの原因に。目安としてはすすぎ終わりのタイミングでもう良いかな?と思ってから、+10秒ぐらいすすぐことがシャンプー剤の残留を防ぐコツになります。もちろんシャンプー後は、早めに乾かすことがポイントです。

このように、フケ対策には頭皮環境を改善することが大切になります。しっかりと予防・対策することがフケのお悩みを解決をする近道です。

続きを表示

おすすめの特集Lineup