後頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤・の特徴

自分の後ろ姿は見る機会が少ないため、後頭部の薄毛に気づかない方も多くいらっしゃいます。しかしながら一度後頭部の薄毛に気がつくと、他人の視線が気になるもの。後頭部というのは、男性ホルモンの影響を受けにくい部分となり、前頭部や頭頂部よりも薄毛にはなりづらい場所です。女性の場合でも後頭部は薄くなりづらい場所ではありますが、もちろんゼロとは言い切れません。

主な原因として考えられるのは、血行不良やストレス、生活習慣などがあげられます。
頭皮の血行不良はストレスによる自律神経の乱れなどでも起こります。過度なダイエットによって極端に食事を減らしたり、夜更かしして生活リズムが乱れたりすると同じく自律神経の乱れにつながるので注意が必要です。
タバコやアルコールの飲み過ぎ、運動不足も頭部の血流の悪化を招くため、タバコやお酒を控えましょう。
また、頭皮の下の筋肉や首の筋肉などが緊張することで頭皮の血行が悪くなることも。できれば軽いものでも良いので適度な運動やストレッチを行うことは大切です。

そのほか、後頭部の薄毛にはいくつかの種類が見られ、代表的なのが円形脱毛症です。円形脱毛症の原因はさまざまありますが、まず考えられている原因の1つに「自己免疫疾患」があります。
私たちのカラダは外部から病原菌やウィルスなど、もともと人体にない異物が侵入した場合、それらから人体を守るための自己免疫機能が備わっています。その機能に何らかの異常が生じた場合、自己免疫疾患となります。
さらにストレスが原因の場合や婦人病などが原因で起こるとも言われています。これらは精神的なケアが大切で、ストレスの問題を解決することで治っていくケースが多いです。

後頭部の薄毛の原因は、ほとんどが血行不良か生活習慣の乱れです。血行不良は喫煙や睡眠不足によるものなども含まれます。ですから、生活習慣を見直して、薄毛の原因と考えられる習慣を改善していけば、薄毛も解消される可能性があります。

基本的に不健康な生活習慣は頭皮の血行を悪くするため、薄毛へと繋がってしまいます。髪の毛は畑から栄養分を吸い上げて成長する野菜などと同じです。畑が痩せていると良い野菜が育たないのと同様、頭皮が痩せていると髪の毛も十分に育ちません。
太く丈夫な毛が生える環境さえ整えば、後頭部の薄毛の場合は解消の余地があります。

バイオテックでは、カラダの内側から健康な髪とカラダのために必要な栄養を補給するサプリメントを多数ラインナップしています。
例えば「Green Growオリジナル」は、髪に必要な栄養素を厳選したサプリメントです。超臨界抽出した高純度の「ノコギリヤシ」、近年、日本でもアミノ酸の生成に不可欠である亜鉛などのミネラルを補う成分として使用される「ミレットエキス」、バルテノライドという成分が含まれ、カラダに取り入れることで内側からの働きが期待できる「ナツシロギクエキス」がそれらにあたります。

また「AGAIAβグルカン1,3-1,6」は、自己免疫機能を高める作用があり、全世界で複数の特許を取得している黒酵母βグルカンを採用。髪の土壌となる頭皮の真皮を構成するタンパク質に働きかけ、同時に脂質代謝にも働きかけることで頭皮環境をサポートするサプリメントになります。

もちろん「AGAIAラーシュスカルプエッセンス」・「長春毛精」・「BIMAGE 育毛剤」など、育毛剤の活用も大切です。バイオテックの育毛剤は特許製法のナノエマルジョン製法によって有効成分が毛穴の奥まで入り込み、さらに頭皮からもスムーズに浸透していきます。そのため脱毛予防や頭皮環境の改善などの効果を発揮します。

続きを表示

おすすめの特集Lineup