脂漏性皮膚炎におすすめの特徴

皮膚の病気には、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎など、皮膚の病気には様々ありますが、「脂漏性皮膚炎」は湿疹を引き起こすことがある病気。こちらは他の皮膚炎とは異なり、カビの一種(真菌)が原因のひとつだと言われています。そのため、細菌やダニによって頭皮に湿疹ができて脱毛するケースも。枕などはいつも清潔な状態を保ち、新たな細菌やダニが発生しないように気をつける必要があります。脂漏性皮膚炎といった頭皮の皮膚トラブルは、適切な治療を受けないとなかなか治らないことが多いと言われ、皮膚科などで症状にあった薬(抗真菌薬など)を使用して治療するのが一般的です。

しかしながら、このような病気が原因で起こる抜け毛には、一定の対策を立てることで防げるものがあります。脂漏性の脱毛症などは頭皮環境の悪化が一因になっているケースがあるため、ヘアケアを見直すことで予防できる可能性があります。例えば、肌に合わないヘアケアアイテムを使わない、シャンプーの洗い残しがないようにする。などは、自分自身でスグにできる対策と言えるでしょう。些細なことですが、シャンプーをする時間帯や洗い方に気を配ることでも効果を期待できます。熱すぎるお湯や刺激の強いシャンプー剤などは頭皮や髪にダメージを与えてしまうため、シャンプー選びやシャンプーの仕方は重要です。

そんななか、頭皮の皮脂量でお悩みの女性におすすめのシャンプーが「BIMAGEシャンプー」のすっきりタイプ。こちらは、育毛一筋30年以上のノウハウと育毛の最先端理論を融合させたシャンプーです。商品については、女性に欠かせない成分&ヘアサイクルを整える成分として「大豆イソフラボン」と「フコイダン」に注目しています。
「大豆イソフラボン」は、エストロゲンの減少にあわせて働きかける植物性のエストロゲンで、特に女性には欠かせない成分です。次に「フコイダン」は、海藻類に含まれているヌルヌル成分で、頭皮・毛髪にうるおいを与えます。シャンプーというのは、毎日使うものだからこそ、頭皮や髪に負担になるものは使わず「やさしさ」にこだわっているのも特徴のひとつ。
シャンプー剤は界面活性剤の種類によって、アルコール系、アミノ酸系、石鹸系に分かれますが、「BIMAGEシャンプー」はメインの成分である界面活性剤は、高級アルコール系を避け、何十種類もの候補のなかからやさしい成分を選択。厳選した4種類の成分を最適なバランスで配合しており、シリコン系で低刺激のノンシリコンシャンプーとなっています。もちろんベタつきだけでなく、気になる抜け毛・かゆみ・乾燥など……髪・頭皮トラブルに悩むすべての女性向けに開発された商品です。

そして、不要な皮脂のみを分解・洗浄するのが「アガイア オングウォーターR」という商品です。こちらは不要な皮脂のみを取り除くだけでなく、髪のキューティクルを開いて水分を浸透させるため、ゆがんた髪を修復して太くて強い髪へと導きます。そもそもアガイア オングウォーターは、不純物が限りなくゼロに近い“超純粋”を特許取得の3室ダブルイン型電解システムによって電気分解し、イオンの力で水に独自の機能を持たせた特殊の水になります。ただ、こちらの商品は「アガイア オングウォーターO」と同時にご使用いただく商品です。その理由としては、「アガイアオングウォーターR」を塗布してキューティクルを開き、「アガイアオングウォーターO」でそのキューティクルを閉じる役割があるからです。

このように、バイオテックでは様々なお悩みの改善が期待できるヘアケア商品をラインナップ。症状・お悩みにあわせて商品を選ぶことで、より効果的にケアができますよ。

続きを表示

おすすめの特集Lineup